Top > Development > U-no's programming room

U-no's programming room

前に戻る次に進む
U-noの日常がかいま見れる?
Last updated 2005/10/10

ソフトウェア

月並みに環境紹介。 特によく使うソフトから。 昔はいろいろと試していましたが,最近は大分落ち着いてきました。

エディタ Meadow xyzzyもいい
ファイラ DYNA ftpも使える
ランチャ Craft Launch コマンド系自動補完ランチャ
メーラ Opera(M2) フィルタリングが優秀
ブラウザ Opera ついにフリーになりました
IDE Microsoft Visual Studio/Eclipse 例の5000円のが発売する7日前に購入…
shell zsh bashでもいいんですが
ターミナルエミュレータ Poderosa 文字コード選択やタブや接続設定の保存や
キー変換 窓使いの憂鬱 小回りも効くし使い勝手もよい
diff WinMerge 純粋に使いやすい
ドット絵 キャラクタレイザー1999 公開終了が惜しまれる
画像変換 Paint.NET 半透明のツール群いいね

見ての通り、あまりマウスを使わない今日この頃。

ハードウェア

マイマシンのご紹介。 基本的にはノートPCよりもふつうのキーボードの方が好きなので,デスクトップマシンを使うこ とが多いです。 出先でもリモートデスクトップで使うことの方が多いかな。

CPU Pentium4 2.4CGHz
マザーボード ASUS P4P800SE
メモリ DDR 1.5GB
ビデオカード Matrox Millenium G450
HDD Seagate 160GB
ケース 星野金属 MT pro-1300
ディスプレイ MITSUBISHI RDT176V
キーボード UNICOMP 42H1292U, G80-3000LPMEU
マウス Logitech 4ボタン光学式モノ
MIDI SC-55ST
DVD-RW LG製
電源 NExtWave SilentKingPFU 350W
プリンタ EPSON PM870C
タブレット WACOM ArtPad II
スキャナ EPSON GT-7000U
Mobile IBM ThinkPad X40 GDJ

本棚

本はたくさん買うタイプです。 特に,Effectiveを買ってから自分の知識の少なさに愕然としたんですよねぇ。 Webで十分という人もいると思いますが,情報の質やまとまっているという点で全然違うように感じます。 下の一覧はわりとおもしろかったもの。 ホントは,その3倍くらい。 本棚が足りない。

C/C++
Effective C++ C++のステップアップを目指す。これくらいは知っておかないとをまとめた良書
Effective STL STL使用時の落とし穴の解説。こういうタイプの指摘は,まとめて読まないと身に付かない
Modern C++ templateを有効(?)につかいまくる本。どこか遠い世界にいってしまう
STL標準講座 エピステーメー先生監修のSTLの解説書。まとめ方,構成,作り,どれも読みやすく引きやすい
C言語を256倍使うための本 読み物としては最高におもしろいかもしれない
Boost C++ Library プログラミング C++の先進的なライブラリ,boost C++ libraryをまともに取り上げている,日本語で唯一の本
オブジェクト指向・開発
オブジェクト指向方法論OMT 発想,着眼点が明快。絶版。ヤフオクで辛くもGET
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン GoFパターン本。今や常識化してきた感があり、これくらいは知っておかないと…
リファクタリング 本に書かれていることよりは、その開発理念、方針は見習うといいかも
オブジェクト指向開発の落とし穴 で,結局C++はつかってもいいんですか?
アンチパターン 笑えるような笑えない話。読んでる分にはおもしろい
その他
Javaスレッドプログラミング 並列プログラミングをする上での設計理念・方針・組み立てなどを中心に,イディオムなどかなり詳しく解説
ゲーデル,エッシャー,バッハあるいは不思議の環 情報科学に芸術と音楽を絡めた本
アホでマヌケなプログラミング 職業プログラマの苦悩を描いた感動巨編(ウソ)。
etc. などなど

中でもおすすめはEffective C++かな。 初めて読んだときC++ってこんなに難しいんだとか思ったのを覚えている。 C++初心者が、初心者から抜け出すときに最適な本だと思う。 それから,Cの256本。Cにまつわる笑い話。気軽に読める。すでに絶版なのでヤフオクで。 少し古い本なので,出てくる環境なども若干古いのだが,雰囲気は十分に伝わる。

言語

新しい言語をかじるのはおもしろい。 しかし3日で飽きる。

N88-BASIC 初めてさわったのはいつの日か。gotoの嵐
Visual Basic 中学生まで。4.0は遅かった
C++ 公開中のソフトは全部これで。最近飽きてきた
C もはや,templateもclassも参照もない言語を使えない?
JAVA ガーベッジコレクタのおかげで,らくちんらくちん
Perl CGI用に使用したのが何回か
Ruby どちらかというと、Perlよりはこっち
Scheme ようこそ関数プログラミング。括弧は,,,わかりにくい気が。。。
Lisp xyzzyからEmacsまで。括弧がぁ。。。
Objective Caml 非常に実用性も高くて使い勝手のより関数型言語
Haskell 純粋関数型に遅延評価に・・・
SPARCアセンブラ アセンブラは苦手です

今,一番興味深いのがHaskell。 それから,そのまわりのいわゆる純粋関数型言語かな。 遅延評価で新たな可能性が開けそうな気がするけど,どうなんでしょ。

普段開発につかうのはC++。 Modern C++なんか読んでると,まだまだ奥が深いなと実感する。 ただ,#includeがめんどくさかったり,ガーベッジコレクタがなかったり,少々時代錯誤的なものを感じるのもまた事実。 スピードを追求する場合は,これくらいレイヤーを下げないとやってられないわけではあるが。 実用的で扱いやすいといったら,OCamlはかなりバランスがとれてる。 世間的な認知度と評判はイマイチだが(関数型がマイナーという話はありまするが),慣れると楽しんですよ。

前に戻る次に進む
Mail to:u-no@tausoft.net
Copyright © 2000-2005 tausoft. All rights reserved.